So-net無料ブログ作成
2019年07月10日| 2019年07月20日 |- ブログトップ

梅雨明けまじかですね [折り紙 & 雑文]


 もうすぐ梅雨が明けますね。

 明けないうちに急いで乗せなくては・・・


 カエルの歌が聞えてくるよ~~~

   DSC_8467 かえる.jpg



 アジサイの花も咲いて

     でんでんむしむしかたつむり~~~

      DSC_8464.jpg





 最近少し焦っています。

 昨年亡くなった主人の姉が今年91になります。

 ご主人とは死別し、子供もなく、たった1人で生活していましたが

 8年前倒れ、

 あまり付き合いのなかった弟(私の主人)が御身元引受人になり

 特別養護老人ホームに入所していました。

 主人亡き後は私がほとんど自動的に身元引受人になりました。


 高齢のこともあり、もしもの時の延命処置について

 手続きをしておいた方がよいのではという話し合いになりました。

 
 以前から施設には無意味な延命処置はしないと伝えてありましたが

 元気な時に意思表示を正式に書面で残してありませんでした。

 本人の意思はきちっと伝えてあったので

 それで終了かと思ってしまったのがうかつでした。


 夫も子もいない義姉の場合、兄弟の同意が必要と言う事でした。

 しかし4人きょうだいで生存しているのは本人だけ。

 すると三親等(甥・姪)の同意書が必要と言う事になりました。


 ほとんど付き合いのない4人の甥・姪に事情を説明して

 同意の署名捺印をもらわなくてはなりません。


 息子は自分がやらなくてはならないのにと気に病みますが

 たまたま直接血のつながりのない私が行きがかり上

 手続きをすることになっただけで

 上の兄2人の甥・姪4人とあなたの立場は同じだからと

 納得させました。


 それでも忙しい間をぬって

 書類に添える為の分かりやすい説明文を作成してくれました。


 今日やっと電話であらましの事情を説明し

 すべて気持ちよく承諾してくださったので

 後は書類を息子の分も入れると5部コピーして

 (代表が手元に置くためのものを含めると10部になります)

 必要事項を書き込んで返信用封筒も表書きして・・・

 (書くことが多くて、これが結構年寄りにはきついです)


 91歳の高齢者ですからいつ何が起こるかわかりません。

 頑張って少しでも早く手続きを済ませたいと思っています。


 しかし何でもしっかりと書面に残しておかないと

 こういう事態が起こるのですね。


 施設の方もこれまでにいろいろトラブルがあり

 ここまでしないといけなくなったのですと

 同情はしてくださいましたが。








 甘いものを頂いて脳に栄養を与えてまずは一服一休み


     DSC_8419.jpg 

nice!(46)  コメント(29) 
2019年07月10日| 2019年07月20日 |- ブログトップ