So-net無料ブログ作成

息子が厄年 [雑文]


 先日、息子と同級だった子のお母さんと話している時

 「去年前厄で厄払いに行ったけど、 

 今年、本厄だから近いうちに厄払いに行かなくっちゃ」

 

 私は息子の年齢も忘れているくらいで

 ましてや厄年なんて考えたこともありませんでした。

 自分自身は厄年など気にしたこともなく

 厄払いもしないでこの年までどうにか無事にやってきました。


 しかし息子のこととなると聞いてしまうとやはり気になってしまいます。

 もし何かあったときは、

 「あの時お払いに行っておけば」なんてかんがえてしまうでしょう。

 

 

 初めての経験。

 どうしてよいかもわかりません。


 その友人に色々様子を教えてもらい

 昨日、大安でもあり、鎌倉八幡宮に行ってきました。


 普段は、小町通を通って横から八幡様にお参りするのですが

 今回は厄払いに行くのですから、心穏やかにして臨もうと

 二の鳥居から段葛を進んでいきました。

 きれいに整備されてから初めて通りましたが、

 たくさんの石灯籠が寄進されていました。

 

 八幡様の様子だけでも写真に撮りたいと思いましたが、

 今まで忘れたこともないスマホを忘れてきたことに気が付きました。

 

 重いのでカメラは持って来ていません。

 真の悪いことです。

 そのため写真がありません。

 

  まず受付で用紙に住所、氏名、年齢、を書いて提出しますと

 熨斗袋に入れて初穂料を用意するということもなく 

 事務的に「5000円です」と言われてそれを支払い

 

 整理札を頂き61段あるらしい階段を休み休みやっと登り

 本殿の控室で順番を待ちます。

 1回に20組ほどでしょうか。順番で名前が呼ばれます。

 大安だったせいでしょうか、お宮参りのご家族がほとんどでした。

 

 祝詞があげられ、

 お宮参りの人も、厄払いの人も

 同じグループとなり 住所と名前が読み上げられ

 再び祝詞があげられ、儀式は終わりとなりました。

 最後にお札とお供物を頂き帰ってきました。

 

 

 帰ってから、

 お札を写真に撮るのも罰当たりなので

  おさめられていた袋とお供物を写真に撮ってみました。

   DSC_2435.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 先日千葉に出かけた時、きれいになった駅ナカで見つけたお菓子

    DSC_2422.jpg

 南京豆が練りこまれた漉し餡の最中です。

 南京豆の形をした箱が可愛いです。

 

 漉し餡ですが、南京豆が入っているので

 コクがあって、美味しかったです。

 というか甘い物なら何でも美味しいと思うのか

 最近自分の味覚に自信がななくなっています。


やっと手に入れたフルサイズカメラ [雑文]

 
 今までのカメラはフルサイズでなかったので

 長い間、フルサイズのカメラがほしくて、ほしくて・・・

 

 従来持っていたのを下取りに出して、

 やっとフルサイズのカメラを手に入れました。

 

 膝が悪いので、膝に負担をかけずに

 低位置を撮影することのできるNIKON D750

 これが希望でした。

 

 今までのデジ用レンズはすべて使えないので

 フィルム用のを使うつもりでしたが

 やはりデジにはデジが良いといわれ

 この際思い切ってレンズもそろえることにしました。

 

  セットでついていたレンズは200ミリまでしかなかったので

 割高になりますが28~300ミリに変えてもらいました。

 

 最近レンズ交換が面倒なので

 これ1本で対応できるのはうれしいです。

    nikon750.jpg

 まだまだカメラ負けしていますが

 これから少しづつ慣れて撮っていければと思っています。

 

 

 

 

 先日電車で座っていたところ

 おなかの大きな(8~9か月位)女子が乗ってきました。

 かなりしんどいだろうなと思い、

 席を譲ろうと思ったのですが

 「大丈夫です」と元気な声が返ってきました。

 

 その声は爽やかだったので、

 断られても少しも落ち込みませんでしたが・・・

 

    IMGP9224.jpg 

  今の世の中、このマークをつけていても、

 つらくても席をなかなか譲ってくれない

 おまけに嫌味を言われた等と新聞で読んでいたので

 このマークを付けていなくてもつい気を利かしたのですが

 空振りしてしまいました(笑

 

 

 このように一概に必要としない人もいますが

 少なくともこのマタニティーマークを付けている人には

 皆が気持ちよく席を譲るような

 そんな世の中ならうれしいのにと思ったことでした。


やっと盆踊り大会が終わりました。 [雑文]


 籤運の悪い私ですが、

 今年度の町内会の女性部長の籤を当ててしまい、

 仕方なしに女性部長を務めることになりましたが・・・

 

 その第一の仕事が盆踊り大会の来賓者の接待でした。

 例年は、来賓者、お手伝いの役員の人数を想定して

 当日に届くよう、業者にその人数のお弁当を頼み、

 手落ち無い様に接待するのが役割でした。

 それが昨年 あまり評判よく無かったとのことで

 今年は急遽 町会長主導で

 新規の接待方法に変わりました。

 

 まず男性役員が赤飯つくりに参加する。

 その為 前日 もち米を潤かし 翌朝赤飯を蒸かし

 冷めたところで女性部がパック詰めをする。

 

 冬の餅つき大会に豚汁を作った前例はありますが

 この暑さのなかで豚汁を作るのは 初めての事でした。

 それと急遽作ることにきまった味噌おでん。

 

 かなり女性部の仕事量が増えることになりました。

 

 例年は女性部員の出席率が悪いとの事でしたが

 今年は全員が出席がしてくれて

 流れ作業で、驚く程の速さで

 300近い数のお赤飯のパック詰めを

 すますことが出来ました。

 

 豚汁作り・味噌おでん作ですが

 最近は業務用スーパーが便利な材料をそろえているのに驚きました。

 豚汁材料は、カットした人参・ごぼう・蒟蒻・大根が1袋に入っており

 それに豚こま切れ、皮をむいてある冷凍小さいサトイモ、

 カットした冷凍アブラゲ・カットした葱 等々。

 ほとんど包丁を使うことなく 包装をあけて鍋に移し

 だし入り味噌を加えて 豚汁の味付けにして仕上げる。

 

 おでんは串刺しの状態で袋に入っており

 それを鍋で温め 皿に盛って添付してある味噌をかけるだけ。

 

 接待の方も若手の主婦たちが頑張ってくれたおかげで

 完璧といっても過言でないほどの接待が出来ました。

 

 仕事量はだいぶ増えたかもしれませんが

 私としては流れがうまくいくよう気を配っていれば良いだけで

 全責任は町会長という事でしたので精神的に楽でした。

 

 そして非常に評判良かったと、女性部全員が 感謝されました。

 

 

  DSCN4790 盆踊り.jpg

 さすがに写真を撮っている場合ではなかったので

 休憩中に遠くからこっそり こんなものしか撮れませんでした。

 

 

 

       港の見える公園にて

   DSCN4714.jpg


眼科に行ってきました。 [雑文]


 今日眼科に行ってきました。

 眼圧を下げる目薬を点眼していますが、その薬は

 副作用でドライアイが出るそうで、

 その症状が出てきて目に痒みが出たり充血したりしてきました。

 

 痒くて目をこすると、角膜が弱くなっているので

 角膜を傷つけ失明の恐れもあると脅かされました。


 そこで他の薬に変えようかという話になったのですが

 もう一種ある眼圧を下げる薬は目の下が黒くなったり

 瞼の間が落ちておく目になってしまう副作用があるとの事。

 

 どちらにするか話し合った結果

 目の下クマになって、奥目になるのも嫌なので、

 当分は人工涙液を頻繁に使う事で

 従来通りの治療を続けることになり一件落着です。

 

 

 いろいろな副作用があるものですね。

 この目の周りが黒くなる副作用を利用して

 まつ毛を育てる薬が出来るようです。

 

 以前この薬を少しの間使った事が有るのですが

 確かにまつ毛が黒く長くなった気がしました。

 

 よく考えたら まつ毛を長くするために

 この薬を使うのも有りかな・・・・・

 

 

 

 

 

      桜と菜の花が美しかった頃の小湊鉄道

    小湊鉄道_0001.jpg

 

            小湊鉄道_0002.jpg

 

 

 

 

           我が家の雑なバラ

    DSC_1182.jpg

 

 

 

          ツアーで行った佐原の民家の軒先で
          1株100円で売っていた八重のドクダミ

    DSC_1361.jpg

 

 

 

 

     友人からのお土産

     最近希少糖が話題になっていますが

     お土産にも使われるようになったのですね。

        DSC_1331.jpg


飛び込んできた小鳥 [雑文]


 先日の折り紙教室でのことです。

      DSC_8107.jpg

 開いていたドアから何か飛び込んできました。

 部屋中飛び回ってせわしげに羽音を立てています。

 よくよく見ると小鳥です。

 一人の人が、器用に捕まえました。

 誰もその鳥の正体を知りませんでした。

  まだ小さいひな鳥のようでした。

 慌てて携帯で写真を撮りましたが

 「ね~鳥がよく見えないからもう少し見えるようにして~」

 注文しましたが、抑えているのがやっとでどうにもなりません。

 その後 外に逃がしてやりました。

 

 その夜、ブログで  moonrabbitさんを訪問しましたら

 なんとその日に飛び込んできたのと同じ様な鳥が

 アップされているではありませんか。

 驚きと、嬉しさでいっぱいでした。

 その鳥はヤマガラでした。

 形態を説明して、どうでしょうかと質問しましたら、

 お腹が茶色くて、頭が黒と白ならほぼヤマガラでしょう

 と言うお答をいただきました。

 念のためにネットで画像を確認したら良いと

 アドバイスをいただき確認しました。

 その結果、益々間違いないのではと思うのですが、

 念のため写真を載せてみました。

 撮り慣れていない携帯で、おまけに慌てていたのと

 かなり切り取って拡大したので

 ひどいボケ写真で恥ずかしいのですが・・・

 

         この鳥です。

     2015-03-17 13.28.46.jpg

      

     2015-03-17 13.28.59-1.jpg

  窓から逃がしたのですが

 また飛び込んできてしまいました。人恋しかったのでしょうか。

 再び捕まえて 「早くお母さんの所にお帰り」と

 今度は飛び込んでこないように急いで窓をしめたのでした。

     2015-03-17 13.29.17-1.jpg

      

                  如何でしょうか。

 来月の折り紙教室の時に先生を始め皆さんに 教えてあげたいです。

   

  1月に出かけた渋峠です

  ひどく吹雪いていて、ほんの一時止んだ時に撮ったものです。

      養老渓谷 渋峠_0001.jpg

          渋峠の冬.jpg

                   -15度 寒かったです          


 新年のご挨拶 [雑文]

 

                遅ればせながら 

      新年のご挨拶を申し上げます。

      本桃.JPG

 

 

 新しい年を迎えたと思っているうちに

 気がつけば松もとれ

 鏡開きもおわり

 成人式を迎える日となっていました。

 

 

 今年は運転免許書き換えの年なのですが、

 70歳以上ですので 

 高齢者講習を受けなくてはなりません。

 

 運転しなくなって6年ほどたっていますが

 まだ返納する気はないので

 不安を感じながらも

 昨日11日 講習を受けに行ってまいりました。

 

 講習時間は 3時間半とかなり長い時間でした。

 

 おかげさまで

 運転適性検査 視野検査 視力検査とも

 平均より少し上という結果に安堵しました。

 

 久しぶりに緊張したので疲れ果ててしまい

 鏡開きのお汁粉を作る気も失せていました。

 

 という事で今日お汁粉を作りました。

 といっても冷凍保存してある餡を伸ばした

 手抜きのものです。

       DSC_9043.jpg

 

 器の小さい方は連れ合い用

 大きい方は私用です。

 

 今年も甘いものとは縁が切れない1年がになりそうです。

 

 こんな取り留めのないブログですが

       本年も宜しくお願い申し上げます。


悲しかったこと [雑文]


 何十年もの間、一緒に料理教室に通った先輩が亡くなりました。

 倒れられて半年以上意識不明のままの旅立ちでした。

 それまでは、お会いできなくても、

 いつかは復帰できるという思いがありましたが、

 もうお会いできないのかと思うと

 悲しさが募ります。

 眠っておられるような安らかなお顔でした。

 告別式はくしくも8月の料理教室の日でした。

 そのため、料理教室を中止して

  先生と仲間は皆参列することができました。

 きっと皆に送ってもらいたかったのだと思います。

                       合掌

 

 

 

 

 最近食べていなかった、ホームラン王のお菓子

 急に食べたくなって買ってみました。

   IMGP9534.jpg

 以前より一回りも二回りも小さくなっているように見えました。

 お値段据え置きですから、このご時世ですから仕方ないことです。

 頑張っているのだと思います。

 文句を言わずに、美味しくいただきました。

 

 

 

  横浜で開催された2kさんの撮影会に

 参加させていただきました。

 しかし皆さん上級者ばかりで、

 すこし恥ずかしい思いもしましたが

 アップされた写真を拝見すると、

 自分には全く見えなかったところを素晴らしく切り取っていて

 とても良い勉強になりました。

 遅ればせながら

 皆様、本当にありがとうございました。

 

  横浜 夏_0001.jpg

 

       横浜 夏_0002.jpg


我が家のサツキ [雑文]


 父が亡くなって25年がたちますが、

 生前丹精込めたサツキが、今年もどうにか花を咲かせました。

 サツキは花が終わった後 枝を剪定し

 何年かおきには根を詰めて鉢を入れ替えねば

 根がどんどん弱っていき、しまいには枯れてしまうのだと、

 父は毎年根をつめる作業をしていました。

 私はそれを知りながら

 枝おとし(剪定とはお世辞には言えませんので)

 だけは続けてきましたが、

 植え替えたことは全くありませんでした。

 昨年一鉢5000円で一部を業者に頼みましたが、

 すべてを終わらせるには少し費用が掛かりすぎますし

 その手抜きな方法(根もつめないのです)を見ていると、

 残りを頼む気も起りませんでした。

 そんな状態なのに今年もまた咲いたのは、

 父の気持ちがそうさせている様に思えてなりません。

 今年こそはどうにかしてやらねばならない、

 これ以上枯らしてはならないと思っています。  

          IMGP6777.jpg

 IMGP6788.jpg

 ほとんど枯れかけているような木でも裾のほうの脇目で花を咲かせているのです。

 どうにか生かしてやりたいのですが

 この枯れた主幹を切り落としてよいのか不安です。

 どなたかお教えいただけませんでしょうか。

          IMGP6897.jpg

 あきらめていたアマリリス、5月も半ばになり急につぼみをつけ

 瞬く間に背が伸びて、花をさかせました。

 球根をいただいて、今年で9年目になります。

 同じくいただいた人たちが何人かいますが

 一番手入れをしていない我が家のだけが枯れずに残っています。

 だんだん 色は悪くなってきていますが、それでも咲いてくれたのです。

 けなげに思うのですが、来年咲かせるために何をしてよいかもわかりません

      IMGP6870.jpg

 ミニトマトに小さなはなが咲きました。

 実もなっていますがはたしてどうなるか。

           IMGP6811.jpg

 ミニトマトの バックに見える紫色の花

           IMGP6806.jpg

 このところなんとなく気忙しい毎日で、

 ほとんどパソコンに向かう暇がありませんでした。

 やっと更新しましたが、まとまりのない話になってしまいました。

       お読みいただきありがとうございました。


 考えさせられた老後について [雑文]


 私と身内の恥ずかしい話になってしまいますが

 この4か月の間に起ったこと、そして感じたことを書いてみたいと思います。 

     DSCN0012.jpg

 夜10時過ぎ電話の音。

 出てみると今まで付き合いの途絶えていた連れ合いの姉が住む家の大家さんからでした。

 彼女は連れ合いをなくした後、子供もいませんので自由気ままに暮らしていました。

 その彼女が体調を崩し脱水症状も起こし、

 意識がはっきりしないのですぐ来てくれという連絡でした。

 その様子から緊急性を感じ救急車で病院に搬送してもらうようにお願いして、

 その病院にかけつけました。

 我々が誰であるかはわかるのですが、夢と現実を行ったり来たりで、妄想の中にありました。

 そしてすぐに必要な健康保険証も、その他銀行通帳、印鑑、カードすべて盗られたと訴えます。

 ここで彼女が高齢者であったことに思い当たりました。

 付き合いがなかったとはいえ迂闊といへばこれ以上迂闊なことはありませんでした。

 これまで少しも気にかけたことがありませんでしたから。

 我ながら冷たいといえば冷たいですね。大いに反省しています。

 まず保険証の再発行に区役所に走りました。

 仮保険証を発行してもらいましたが、そこで介護保険の有無を聞かれました。

 親切に調べてくれたのですぐに介護保険の手続きをして

 介護認定してもらう手続きも済ませることができました。

     DSCN0021  a.jpg

 さて次は預金通帳です。

 どこに口座を作っているのかがまずわかりませんでした。

 「年金を受け取っていたはずだから、区役所で聞いてみたら」とアドバイスを受けて、

  区役所に行ったところ、

 「ここは手続き的なことだけなので詳しいことは年金事務所に行かなくては」と

 その足でまた電車に乗り教えてもらった年金事務所へ。

 第三者が、年金がどこから振り込まれているか、いくら振り込まれているか知るのは

 今の世の中たとえ身内でも、委任状がないとおしえてくれません。

 委任状が書ける状態でないことを説明してもダメです。

 「へろへろの字しか書けない状態なのですが」

 「ヘロヘロでもなんでもその人の自筆であれば大丈夫ですから」・・・・・?

 後日、無理無理に書いてもらって年金事務所に半信半疑で出かけました。

 まったく字の形態をなしていませんでしたが、受けてくれたのでした。

 証書の再発行、年金額、振込先すべて知ることができました。

 あのような委任状が有効であって

 緊急を要するものが(どう見ても悪用する顔でもない人間が信用されずに)取り上げてくれない

 まさにマニュアルに縛られた世界を見てしまいました。

 係りの人もつらいところなのでしょがね。

 さて一番の問題は銀行口座でした。

 教えてくれた銀行に出かけ

 「盗まれたといっているがはっきりわからいので」と事情を話したところ

 口座があることは教えてくれましたが、口座が動いているかどうかは教えられないと。

 紛失から何日もたっていて、口座が動いてなければ盗難の心配はないと思ったのに。

 紛失届を出す事と、口座を閉じることを勧められ、万が一を考えて閉じることにしました。

 それから一か月以上、ごみ屋敷のようになっていた住居の後片付けに通い

 片づけていると、保険証、通帳、印鑑、カード一式が部屋の中から出てきたのです。

 今までの病院の支払い、雑費、部屋代の立替金がかなりになっていたので、

 私としては飛び上がって喜びました。

 しかしここから先が簡単ではありませんでした。

 閉じた口座を再開するには、本人が出向かなければいけないの一点張りでした。

 入院中でどうにもならないといっても「治って動けるようになったら来て下さい」ですって。

 血も涙もない回答でした。

 それから何週間か経って病院も事情を理解してくれて、

 だいぶ安定してきたのでと大目に見てくれ、車いすでの外出を許可してくれました。

 最近は介護タクシーがあって、普通より割高ですが、どこへでも連れて行ってくれます。

        IMGP9113.jpg

       IMGP9108.jpg

 このようにして1時間近くかけて銀行まで出かけ、手続きをしたのでした。

 署名する字も相変わらずヘロヘロでしたが・・・

 もう一度「本人確認のため来店を」と言われたので

 「この状態でもう一度来られると思いますか」と抗議して、

 やっと委任状を持って私が出向くことで決着がつきました。

 週1~2回のペースで出かけていた家のごみの後片付けもほぼ終わり

 残ったごみと粗大ごみの処理は、お世話になった不動産屋さんの紹介で、

 クーラー取り外し費用を含めて20万円弱でやってもらえることになりました。

          DSCN0019.jpg

 そして異例の速さで、特別養護老人ホームに入居が決まりました。

 病院のソーシャルワーカーさん、大家さん、不動産屋さん、ご近所の方々に助けられ

 やっと一段落つくことができました。

 この4か月間あまり、もろもろの手続きやら、後片付けやらにほとんど費やされ、

 写真を撮る余裕もなく、ブログを書く余裕もなく過ごしてきました。

 (空いた時間は疲れて横になっていましたし)

 最近 「老い支度」当いわれていますが、自分も、少しづつでも身辺の整理をしなくてはと

 考えてしまいました。

 ある年齢になると、いつこんな状態になるかわかりません。

 今せっせと捨てることに専念しています。

 今まで気にかけてこなかったお詫びに今、入所後の名札付け

 必要品の世話など手抜きしないでやっておりますが、今までさびしかったからでしょう

 だんだん要求が多くなって これもあれもと大変ですが、

 これも罪滅ぼしと動くことで私の気持ちも少し軽くなっているような気もします。

 わが町では、最近後期高齢者を対象に、緊急時救急車が入ったとき、

 すぐに健康保険証、金銭がわかるようにしておく取り組みが始まっております。

 そうすれば今回のような7無用の行動をしないで済みますから、

 大変良い取り組みだと思います。

 身内話を長々と付き合っていただきありがとうございました。

             最後に甘いものをひとつ

           IMGP2700.jpg


フィルムカメラのこと [雑文]


 今まで使っていたイチデジのペンタックスK10のオートフォーカス機能が

 調子悪くなり、ピントがうまく合わなくなったので、入院してしまいました。

 

 

 そんな折、探してもらっていたフィルムカメラが手に入りました。

      IMGP5125.jpg

 もう製造されていないということで、中古品です。

 

 レンズも標準の35-70 のほか 80-200   19-35 もです。

     IMGP5134.jpg

 

 このレンズは、もとはこのカメラについているものでしたが

          IMGP5129.jpg

 もう少し上の機種がほしくて F5 を探してもらったのでした。

 するとこのカメラは本体だけになってしまい、

 ボディーに少し傷があって、これ単独では売れないから

 これをサブとして使うようにと無償で頂くことが出来ました。

 そして、譲っていただいた方のご好意で、思いのほか格安でした。

 状態はかなり良いようです。

 

 へそくりすべてカメラにつぎ込んでしまったので、ケースまで買えません。

 そこで、手元にあったキルティングの布で作ることにしました。

  久しぶりにミシンを引っ張り出し、縫い始めましたが、縫い目はガタガタ。

 しかし袋の形にはなったのでしばらくはこれでまに あわせることにしました。

 いつかは作り直そう、これは仮のものだから。  しかし・・・

 仮のつもりが末代まで使かってしまう。

 これを「仮末代」と言うそうですが、きっとこれもそうなると思います。

  

      F5用の袋

    IMGP5140.jpg

     80-200 用                  19-35用

    IMGP5142.jpg  IMGP5141.jpg

                サブカメラ用

              IMGP5143.jpg

 どうにかこうにか出来上がりました。

 しかし気をつけていたつもりでしたが針が1本足りません。

 いくら探しても見当たりません。

 そんな時には母に教えてもらったおまじないを唱えます。

 「西行のたびの衣を縫う針は、いずこにいても主を忘れず」

 これを無心で3回唱えます。

 今回も不思議と思いがけないところから出てきました。

 あまりこういうことは信ずる方ではないのですが、

 これだけは、奇跡を幾度も経験しています。

 (これがきくのは私だけかもしれませんが [わーい(嬉しい顔)] [ふらふら]  )

 

 

 最近、膝、背中、肩を1度に治療してもらうために

 1.5時間かけて遠方の整体に通い始めました。

 その途中の風景、コンデジで撮ってみました。

 道筋に「久本医薬門公園」が有ります。

 もともと医者であった岡家の住宅跡地で、

 「医薬門」と「土蔵」が残されています。

 その土蔵でお雛様をかざっていたので拝見させていただきました。

 地域のお年寄り達の活動のようです。

    IMGP5094.jpg

    IMGP5086.jpg 

 このお雛様は、80歳過ぎの方の初節句の時のものだそうで時代を感じました。

 そのほか、老人サークルで皆さんが作られたつるし雛などが展示されていました。

 IMGP5091.jpg IMGP5092.jpg

   IMGP5093.jpg   IMGP5088.jpg

 

      枝垂れ梅が満開でした。

     IMGP5097.jpg

 

      途中見かけたもの

    IMGP3313.jpg

 子供110番と見えますが、普通、子供がいざという時に駆け込めるよう

 民家の玄関に張られています。

 でもこれは、周りに民家の出入り口のないような場所の物置に張ってありました。

 何の役にたつのかな~  いざという時どこへ駆け込めばよいのかしら。

 

 それともう1枚

    IMGP3317.jpg

 この車、いつも乗っている感じで、綺麗に磨かれていました。

 表通りに面しているのでいたずらされないようにという予防策でしょうか。

 でも車を出す時、いちいち鉢をどけなくてはなりませんから、面倒ですね。

 

 見慣れない町を、キョロキョロ眺めながら、歩くのも楽しいものですね。

     IMGP0063.jpg