So-net無料ブログ作成

折り紙&リホーム [折り紙 & 雑文]

 
 早いもので2月も今日1日となってしまいました。

 今年の2月の折り紙は、高砂の翁と媼なでお雛様ではないので

 そうあせることもないのですが

 似たようなものなので一応載せることにしました。

    DSC_2260   2.jpg

 衣装が高砂にしてはちょっと派手なのでお雛様と代わり映えがしません。

 

 

 

 

 我が家はウサギ小屋ならぬ

 モルモット小屋にも満たない小さな家なので

 リホームと言ってもたかが知れたことしかできません。

 

 kotoさんのコメントで「見たい」と言ってくださっているので

 恥ずかしながら載せてみました。

   DSC_2255.jpg

 高齢になってくると、高い所のものを取るため

 台に上るのが危なくなってくるので

 高い所の棚を極力減らそうと

 流し台の上部を

 電動昇降機付きの食器乾燥機ににしてみました。


 
すでにお使いの方は今更と思いますでしょうが

 時代遅れの人間といたしましては、スイッチ一つで棚が上下するのは

 なんとも楽なものでして・・・

 

 水道の蛇口も今まではねじりでしたが

 今では当たり前になっているのでしょうが 

 レバーの上げ下げで操作できるものになりました。

 料理中で手が食材に汚れていても

 肘で操作できるので、

 その都度 手を洗わなくてよいので

 合理的に作業ができます。

 

 最近の換気扇は1か月に1回、お湯を入れることで

 勝手に洗浄してくれるものがあって

 自分で掃除をしなくて済むというので

 手抜き大好き人間としてはすぐにそれに飛びつきました。

 

 狭い台所ですから空間をいかに有効に使うか

 大工さんと相談して、工夫してくれて

 レンジ横下の空間を使えるようにしてくれたり

 台所用具をすぐ使えるようにさんを打ってくれ

 そこに網をかけて取りやすくしたり

 

 フライパンをかけられるようにしたり



 空間をフルに活用できるようにしてくれました。

 

 床板は年寄りは滑ると危ないからと

 「少し高額にはなるが滑りにくいのがあるから」

 と勧めてくれたものに決め

 

 入口の戸は

 「既製品だと気に入ったものはバカ高いから

 自分が設計して建具屋さんに安く頼んであげるよ」

  出来てきたものは丁寧な仕事が施された素敵な仕上りで

 お値段も既製品よりかなりお安くなっていました。

 

 床下収納庫・天井・壁も新しくなり

 台所だけは見違えるようになりました。

 

 こんなささやかなリホームでした。

 

 

 

 ここで大工さんの道具

    DSC_2236.jpg

 年季物のこの道具なんでしょう・・・ウマというそうです。

 のこぎりを使うときの台なんですって。

 

 これはくぎ箱

   DSC_2240.jpg

 これもよくできていて、底のところに1センチほどの空きがあって

 そこから必要なだけくぎを出します 

 箱をひっくり返しても、

 くぎがいっぺんに飛び出さないように工夫されています。

 

 

   DSC_2238道具箱.jpg

 使い込まれた道具箱の中身

 これはごく一部だそうで

 ノミにしてもこれだけたくさんあって

 それもきれいに研ぎあげてあります。

 初めて一人前になったときに親からもらったノミも

 「とても使いやすくて大事にしているのでこんなに短くなったよ」

 と見せてくれました。

 

 今の若い人はほとんど研ぐこともなく

 痛んでくると新しいのの買い変えるんだそうです。

 時代を感じますね。

 

 

 

 

 

 今回のお菓子は横浜のハーバー

   DSC_2303.jpg

 有明製菓は私が育った街の和菓子屋さんでした。

 ハーバーが有名になりお店も大きくなり

 しかしどこでつまずいたのか

 ハーバーは一時お菓子の世界から姿を消しました。

 

 昔から慣れ親しんでいたお菓子なので

 とても寂しい思いがしました。

 

  しかし関係者の皆さんの努力が実ったのでしょう

 再び食する機会を得ることが出来ました。

 

 でもね~最近はあまりにもいろいろの味がありすぎるのです。

 私はやっぱり昔からの味が一番ですね。


お出かけ&世間話 [お出かけ&雑文]


 我が家は築40年を超えるボロ屋で雨露をしのいでおりますが

 ついに台所の床がガクガクしてきました。

 抜け落ちる前に何とかしなくてはと

 台所のリフォームをすることにしました。

 

 大工さんとのお茶の時間 いろいろな話をするのですが

 そこでいろいろの事を知ることが出来ました。

 

 まずは、屋根などの塗り替え、ペンキ屋さんの話です。

 昔からのお客さんとの話だそうです。

 屋根のペンキ塗りを頼まれましたが

 たまたまお隣と同じ時期に塗ることになったそうです。

 お隣さんは回ってきたセールスの人と契約したそうです。

 そのお隣にかけられた足場は、梯子付きの立派なもので

 みばえが大変よろしい。

 おまけに屋根の色がつやつやしてきれい。

 

 しかしこの大工さん付きのペンキ屋さんの足場は

 梯子もついていない簡単なもの。

  見るからにみすぼらしくて、おまけに

 屋根の艶もてかてかしていない。

 見るからに安普請に見えます

 

 「それなのにうちの方が高いのはどうして?」って聞かれたそうです。

 

 

 最近は訪問やら電話やらで通り一遍の

 悪質な屋根のペンキのぬり替えのセールスがあります。

 

  少しでもその気になって話を聞いていると

 いろいろ見積もりを出してくれますが

 それはいつもお願いしている大工さんの所と比べると

 驚くほど安価です。

 そこで気持ちが揺らいでしまいます。

 だってセールスで来たペンキ屋さんはお値段も安く、

 足場も立派なのですから。

 

 しかし現場を知るものから見るとその足場代だけで結構な額になり、

 見積価格では到底あがらないのは明白。

 

 そこでどこでもうけを出すか。

 

 ペンキにはいろいろな種類、ランクがあり

 コストを下げることができるそうで。

 

 まず油性と水性の違い

 水性のほうが安価でシンナーも使わないので扱いやすい。

 シンナー臭くもない。

 (最近のは固まれば油性とは遜色ないといいますが

 長い目で見た耐久性ではどうしても劣るそうです。)

 おまけにつやが大変良くてこれも見栄えが良い。

 

 

 次に濃度と色

 油性を使ったとしても

 濃度の濃いペンキは濃い分、

 使う刷毛も、ローラーも動かすのが重くなり

 作業は進まないので、そんなのは使いたがらない。

 かなり薄めた物を使う。

 

 薄い色の薄めたペンキで薄く塗ったらムラが目立つ。

 薄く塗ってもわからないように濃い色を好んで使わせる。

 

 

 この様に見た目にはわからず素人判断では無理です。

 

 このようにしていくらでもコストは下げられるという事です。

 

 「値段だけでは中身がわからないので5~6年後を見てみてよ」

 って言ったんだよね・・・ですって。

      

 5~6年先どうなっているかちょっと楽しみです。

 

 

 

 

 

   

     三婆 松崎海岸.jpg

 

 

 

 

 前回の亀十どら焼きに続いて 最中

 餡子がお団子のようにこんもりとして高さがあり

 一口でかじれないのは 嬉しいような 悲しいような

      DSC_2129.jpg