So-net無料ブログ作成
検索選択

6月の食事会 [料理&雑文・お出かけ]


 またまた6月に 高校時代の友人達7人が集まりました。

 最近は出歩くのはしんどいからと

 なるべく歩かないで済む食事会をすることが

 多くなってきています。

 

 場所はあざみ野にあるお豆腐屋さんです。
                鷺沼 の書き違いでした。

 

 お品書きがなく、料理名も定かでないので

  ただ料理を羅列しておきます。

  2016-06-22 11.55.58.jpg

 一度に取り揃えて運ばれてきました。

      2016-06-22 12.06.27.jpg

 お膳に1人前並べられました。

  2016-06-22 12.08.14.jpg

 

  さつま揚げ・はんぺん・油あげが卓上の炭火で焼かれます。

      2016-06-22 12.22.25.jpg

 焼きあがった油揚げはもろみ、ネギ、ミョウガ等を添えて食します。

   2016-06-22 12.26.02.jpg

 

       2016-06-22 13.04.45.jpg 

 

     2016-06-22 13.12.03.jpg

 

   2016-06-22 13.31.04.jpg

 

 

 「くみあげげとうふ」ですが

 以前はもっと大きくて食べきれないのであきらめていましたが

 今回はこぶりのものが出来ていたのでお土産に買って帰りました。

 

   大豆の香りがしてとてもおいしい豆腐です。

        DSC_1086.jpg

 

 

 

 

 先日東京駅の地下の食品街を歩いていて

 何気なくふと目をやると そこには前から興味があり

 1度は食べてみたいなと思っていた

    切腹最中が売られているではありませんか。

    DSC_1097.jpg

 

  この切腹最中は忠臣蔵と深い関係がある最中です。

 播州赤穂藩 藩主浅野内匠頭は殿中で刃傷沙汰を起こし

 田村邸お預けとなりその日のうちに切腹となります。

 

 喧嘩両成敗の原則をも踏みにじったお裁きが

 のちの四十七士による仇討にと発展 それが忠臣蔵です。

 

 

 この切腹最中が作られている新正堂は

 浅野内匠頭が切腹した田村右京太夫屋敷跡にあり

 「この忠臣蔵にまつわる数々の語り草が和菓子を通じて

 皆様の口の端に上がればという思いを込めて、

 最中にたっぷりの餡を込めて切腹させてみました」

 というようないきさつの最中です。

 

 

 この切腹最中が気になったのは

 別に忠臣蔵に思いが強かったというのではなく

 皮からはみ出すほどに餡が詰め込まれたその姿に

 強く心惹かれたのです。

 

 切腹=お詫びの気持ち

 という事でお詫びの時の品としてお使いになる人が多いとか。

 

 パリパリとした皮にさっぱりとした甘さのあふれんばかりの餡

 その真ん中に求肥が入っています。

 上品な甘さなので2個ぐらい平らげてしまいます [わーい(嬉しい顔)]


6月の折り紙&思い出 [折り紙 & 雑文]


   今月の折り紙教室は

 引き出し式の箱2つ

 その中央に入っている手裏剣のような飾りも折ったものです。

 その中に靴3足を折って入れました。

        2016-05-15 09.37.55.jpg

 細かい物ですが

 折り方自体はそれほど難しいものではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 この2~3日の暑さは尋常ではなく

 外を歩いていると頭がくらくらして痛くなってしまいます。

 今日も暑い日になるというので

 外出を控えて、

 家の中の不用品の整理をすることにしました。


 押入れの奥から引っ張り出した箱の中から出てきたものは

  子供の小さい頃の衣類でした。

  DSC_0989.jpg

 昔のことですから、

 今ほど出産前の性別診断する人は少なくて

 性別はわかりません。

 そして母がメリンスで縫ってくれたのがピンクの産着です。

 

 「男の子だったらどうするの」

 「あらほんと。じゃどちらでも着られる黄色も縫っておきましょ」

 と・・・ブルーのは縫ってくれませんでした。

 

 そして生まれたのは男の子でした。

 という事でこのピンクの産着は仕付け糸も外すこともなく

 このようにしわくちゃになって、しまわれてしまいました。

 捨てずに残っていたものが次から次へと出てきました。

 友人からのお下がりのねんねこと負ぶい紐

 何人もの手を経て

 私の所へ来たときはかなりの貫禄が。

 そして、私の所が落ち着き場所になってしまいました。


 ベビー服も残っていました。

   DSC_1001.jpg  DSC_1023.jpg

  その他、比較的きれいなままのものが残されていて

   DSC_1022.jpg DSC_1033.jpg 

   DSC_1014.jpg DSC_0998.jpg

 自分で編んだセーターは捨てきれなかったのでしょう。

   DSC_1013.jpg

    こんなちゃんちゃんこもありました。

         DSC_0994.jpg

 今では目も悪くなり肩こりもひどいので

 かぎ針など持つこともなくなりましたが

 こんなケープもてかつては編んでいたのだと。

 今では考えられないことです。

 これも捨てきれずにいたのですね。

 1枚1枚眺めながら当時を思い出していたら

 片付け処分などという事が出来なくなり

 また箱にしまってしまいました。


 その息子ももう40歳近くなって、

 昔々の思い出となっておりますが。

 

 

 

 

 

 

 コンビニのレジのすぐ隣に甘いものが並べてあります。

 会計している間につい目が行ってしまいます。

 甘いものに目がないのでつい買ってしまいました。

    DSC_1093.jpg

 

 コンビニに置いてあるものですから

 それほど味に期待もしていませんでした。

 塩豆大福はちょっと甘めが濃い気もしますが、

 がわのお餅の部分はまあまあです。

 羊羹は小笹や虎屋というわけにはいきませんが

 それだけ食べている分には

 私の味覚ではそれほど味落ちを感じません。

 裏をひっくり返しメーカーを見ましたら

 昔から成田山のおみやげとして使われていた

 米谷の羊羹でした。

 

 虎屋の一口羊羹は1本250円なのでなかなか食べられません。

 米谷のミニ羊羹は少し小さめですが78円だったので

 とてもお手軽です。

 これからコンビニに行ったらこれを買いこむことにしました。

 ちょっと甘いものが食べたいときには最適です。

 いいもの見~つけた うきうきです [わーい(嬉しい顔)]