So-net無料ブログ作成

4月の料理教室はお休み [料理&雑文]

 
 30年来通っている料理教室の先生も御高齢となり

 最近腰を痛めたのをきっかけにあまり体調がよくないので

 3月より少しの間お休みすることにしました。

 

 4月になり、その後の御様子が心配なので

 皆で相談し お見舞いを兼ねて、

 お弁当を買って伺い 一緒に昼食をという事になりました。

 

 途中のデパートでいろいろ探した結果

 お値段は千円ちょいでわれわれ年寄りには丁度よい量の

 美味しそうなお弁当を見つけました。

 

 先輩の方が先生に電話した時

 「だいぶ調子が良いので、デザートぐらいは作りましょうか」

 という話になったので

 甘いものは買わずに行くことにしました。

 

 お弁当は、よくおせち料理のカタログに出ている
 「〇〇の里」のお弁当です。

    DSCN5355.jpg

 

 先生に無理はさせられないので、

 何とか話を弾ませて時間をつぶし

 デザートを作らない方向にもっていきました。

 

 しかし、おすましぐらいはと・・・

 結局お手を煩わせることになってしまったのですが。

 

 お弁当は関西風の薄味で、味にうるさいお料理の先生も

 「こういうお弁当を頂く機会が少ないけれど美味しいわね」

 と喜んでくださいました。

 

 という事で食後のデザートはないと思っていましたが、

 先生が「何もなくってね」とおっしゃりながら

 これを用意してくださいました。

    DSCN5358.jpg

 

 先生も普段は 御主人とのお2人の生活なので、

 皆とにぎやかに話が出来たことを非常に喜んで下さり

 楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 

 

 お料理の先生からいただいたアマリリス

 ほかの方のは皆枯れてしまったという話なのですが

 あまり手入れの良くない我が家の花だけが、どういうわけか

 もう10年以上春になると咲き続けていました。

 

 しかし、ついに昨年の暑さに水枯れさせ

 枯らしてしまいました。

 

 さすがにひどい枯れ方だったので

 今年はもうだめだとあきらめていたのですが

 なんと4月の末になって芽を出しはじめ

 葉っぱより先に蕾が顔を出し

 あれよあれよという間に伸びて

 それに伴い葉も出てきて、

 5月半ばには花開いたのです。

 

 それも昨年より花も大きく、色も濃く、

 おまけに今まで一つの茎から2つしか花が付かなかったのに

 3つもついて次々に花開きました。

 

 さらに驚いたことにもう一つ茎が伸びて蕾を付け

 そこにも花が3つついていました。

 

 私にとっては大変な奇跡でした。

 

     DSC_0950.jpg

      (ちなみにうれしくて初めて多重露光してみました・・・未熟ですが)

 

 あまりに不思議だったので

 アマリリスの育て方をググってみました。

 冬には水やりをストップさせ水切りし、

 寒さに当てるというようなことが書いてありました。

 変に水をやりすぎると枯らすことが多いとも書いてありました。

 

 例年、手入れは良いほうではありませんでしたが、

 水は1年中こまめに与えていました。

 それが昨年は完全に枯れてしまったとあきらめて

 水もやらずにほっぽりぱなしにしていました。

 それが幸いしたのですね。

 

 私のアマリリスだけ枯れずに残っていたのは

 まさに無精をして

 あまりこまめに面倒見なかったからかもしれません。

 

 何が幸いするかわからないものです。

 

 

 

 

 ご近所の友人が台湾旅行のお土産をくださいました。

 パイナップル味でおいしかったです。

     DSC_0815.jpg


いつもの仲間との食事会 [お出かけ&雑文]


 小田急江ノ島駅近く

 閑静な住宅地の古民家を 改装したレストラン

 いつもの高校時代の友人たちとの食事会です。

  2016-04-06 11.12.49.jpg

 玄関先には蹲が

     2016-04-06 11.13.15.jpg

 そして利休梅が可憐に咲いていました。

   DSCN5336.jpg

 

 食事は

 出来立てクリーミー豆腐

  DSCN5315.jpg

 前菜が2種

  前菜.jpg

 ここでパンが出てき

 もう1種の前菜が出てきたのですが撮り忘れて [もうやだ~(悲しい顔)]

 

 パスタは長ネギと 鶏のスパゲティ

  DSCN5325.jpg

 本日のメイン料理
       スズキのロースト

  DSCN5327.jpg

 あとデザートとコーヒー

  DSCN5329.jpg

 

 他に3組のお客さんがいましたが、

 それぞれの会話も全く気にならず

 2時過ぎまでゆっくりと楽しむことが出来ました。

 

 

 まだ時間も早かったので

 そこから江ノ電に乗り長谷駅へ

 久しぶりに長谷寺にお参りし、境内をゆっくり散策

 楽しい1日でした。

 

 境内にこんなかわいらしいお地蔵さまが

     水仙 あ 1_0003.jpg

 

 

 

 

 

 最近テレビなどでもよく宣伝している水素水

 体内で余分にできた活性酸素を減らすことで

 臓器の錆を減らし老化を予防するという。

 

 10年以上前から水素含有量が多いという

 「日田の天領水」なるものを飲んでいたのですが

 開栓後、飲み終わるまで時間がかかっており

 果たして水素が残っているのかいつも疑問に思っていました。

 

 1回飲みきりのパウチの水素水も出ていますが

 2人で飲むとかなり割高になるので躊躇していましたが

 

 今回こんなものを見つけました。

       DSC_0798.jpg

 充電式の携帯水素発生ボトルで、

 1回に350ml できるので(約10分で)

 飲む前にスイッチを入れて水素を発生させ

 2人で分けて飲むとちょうどよい具合です。

 

 壁面に水泡が出来、何かが発生しているのは見えますが

 本当に水素水が出来上がっているのかな

 などと疑いながら飲んでいる昨今です。


醤油工場見学に参加して [お出かけ&雑文]


  先日、醤油工場見学に参加してきました。

 

 野田にあるこのマークでおなじみの工場です。

     DSCN5026.jpg

 

 

  このような順番で醤油は出来上がります。

      水仙 あ_0002.jpg

   水仙 あ_0001.jpg

 

 今まで醤油は、

 単に料理の味を助ける調味料としかとらえていませんでしたが

 それ以外にも強力な殺菌作用があり

 大腸菌や赤痢菌を短時間で死滅させるという事を知りました。

 また、加熱すると破壊されるビタミンB1を保護する働きがあるので

 野菜などの煮物に使うと栄養価も高くなるとのことでした。

 

 

 醤油の保存方法

 ペットボトルであれば開栓しなければ、

 1年半くらいは味が落ちずに使えますが

 栓を開けた場合は1か月位で使い切りたいものです。

 

 栓を開けて日が経つと、

 白いカビが生えることがありますが、

 これは酵母ですので無害ではありますが

 この酵母特有の匂いがしょう油のよい香りを損ねてしまいます。

 

 また開栓によって酸化が進み

 色も黒ずんでいき、味や香りを悪くします。

 

 これらの劣化を防ぐには

 ①使用後は栓をしっかり占める。

 ②量が少なくなったら小さな容器に入れ替えて

  容器内の空気の量を少なくする。

 ③できるだけ冷蔵庫に保存する。

 

 

 しかし最近は、

 なるべく空気に触れないように工夫した小ボトルも出ています。

 「いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」の200mlは

 すでにスーパーに出ていたので使っていたのですが

 今ここにしかないという事で

 「いつでも新鮮 味わい贅沢生醤油」というのを

 売店でお土産に買ってきました。

   DSCN5044.jpg

    

    醤油.jpg

 ついでにこんなものも

    DSCN5075.jpg

 

 いろいろ勉強になった工場見学でした。

 

 

 

 最近食べておいしかった

 米屋の金つば「和楽の里」

 昔から成田山に行ったら

 お土産は「米屋の羊羹」が定番でしたが

 それ以外に金つばもあるんですね。

   IMGP8575.jpg

 

 

    

  花びらの舞い始めた山桜

   水仙 あ 1_0001.jpg