So-net無料ブログ作成
検索選択

やっと盆踊り大会が終わりました。 [雑文]


 籤運の悪い私ですが、

 今年度の町内会の女性部長の籤を当ててしまい、

 仕方なしに女性部長を務めることになりましたが・・・

 

 その第一の仕事が盆踊り大会の来賓者の接待でした。

 例年は、来賓者、お手伝いの役員の人数を想定して

 当日に届くよう、業者にその人数のお弁当を頼み、

 手落ち無い様に接待するのが役割でした。

 それが昨年 あまり評判よく無かったとのことで

 今年は急遽 町会長主導で

 新規の接待方法に変わりました。

 

 まず男性役員が赤飯つくりに参加する。

 その為 前日 もち米を潤かし 翌朝赤飯を蒸かし

 冷めたところで女性部がパック詰めをする。

 

 冬の餅つき大会に豚汁を作った前例はありますが

 この暑さのなかで豚汁を作るのは 初めての事でした。

 それと急遽作ることにきまった味噌おでん。

 

 かなり女性部の仕事量が増えることになりました。

 

 例年は女性部員の出席率が悪いとの事でしたが

 今年は全員が出席がしてくれて

 流れ作業で、驚く程の速さで

 300近い数のお赤飯のパック詰めを

 すますことが出来ました。

 

 豚汁作り・味噌おでん作ですが

 最近は業務用スーパーが便利な材料をそろえているのに驚きました。

 豚汁材料は、カットした人参・ごぼう・蒟蒻・大根が1袋に入っており

 それに豚こま切れ、皮をむいてある冷凍小さいサトイモ、

 カットした冷凍アブラゲ・カットした葱 等々。

 ほとんど包丁を使うことなく 包装をあけて鍋に移し

 だし入り味噌を加えて 豚汁の味付けにして仕上げる。

 

 おでんは串刺しの状態で袋に入っており

 それを鍋で温め 皿に盛って添付してある味噌をかけるだけ。

 

 接待の方も若手の主婦たちが頑張ってくれたおかげで

 完璧といっても過言でないほどの接待が出来ました。

 

 仕事量はだいぶ増えたかもしれませんが

 私としては流れがうまくいくよう気を配っていれば良いだけで

 全責任は町会長という事でしたので精神的に楽でした。

 

 そして非常に評判良かったと、女性部全員が 感謝されました。

 

 

  DSCN4790 盆踊り.jpg

 さすがに写真を撮っている場合ではなかったので

 休憩中に遠くからこっそり こんなものしか撮れませんでした。

 

 

 

       港の見える公園にて

   DSCN4714.jpg


シーバスに乗って [料理&雑文・お出かけ]


 いつもの高校時代の仲間たちとの食事会

 場所がいつも同じような所なので

 少しは違った場所でという事で

 今回は横浜・山下公園の前にある

 昭和2年開業の歴史あるホテルニューグランドに

    DSC_0977.jpg

           DSC_0979.jpg

            玄関前で待ち合わせ

 

 

 

            食事は

        DSC_1001.jpg

        DSC_1015.jpg

        DSC_1022.jpg

 

 こんな簡単なコースでしたが、店の雰囲気も良くて

 料理をゆっくり味合う事が出来ました。

 

 ただいつも使う横浜駅近くのホテルと違いあまり長居が出来なくて

 「次のおしゃべりの場所を探さなくてはならないのがちょっと面倒」

 なんて言いがら店の外に出ましたが、

 

 2階のロビーに行ってみようという事になり

 階段を上っていくと

 そこには歴史を感じさせる世界が広がっていました。

      DSC_1043.jpg

      DSC_1048.jpg

 周りには人影も見えません。

 居心地が良いのでそこで絶える事のないおしゃべりを始めました。

 気が付いたら1時間ばかり過ぎていました。

 ちょっと厚かましい事をしたような・・・

 

 そこで次にどうするか相談をして・・・

 シーバスで横浜まで帰えることにしました。

 

 山下公園の中にあるシーバス乗り場に向かいます。

 

 

       山下公園にある噴水

     DSC_0945.jpg 

   DSC_0935.jpg

  

        氷川丸

    DSC_0959.jpg

 

 シーバス乗り場

    DSC_1058.jpg

 

 

  こんな風景を楽しみながら

    DSC_1070.jpg

    DSC_1073 a.jpg

 横浜東口 (横浜ベイクォーター)に到着し

 楽しい1日は終了しました。

 

 

  

 近くの大型スーパーで

 柏屋の薄皮まんじゅうを見つけました。

   DSC_1785.jpg

 「ご家庭用ですか」  

 「えぇ、家で食べますが」

 「それだったらこの簡易包装で十分ね。

              箱代もばかにならないから」

 気の利いた売り場のおばさんでした。

 

 粒餡の好きな私ですが

 柏屋の薄皮まんじゅうは

 やっぱり漉し餡に限るとこだわっています。