So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

フードプロセッサー&折り紙 [折り紙 & 雑文]

 

 小さなコミュニティースクールのほうで

 「きれいな紙皿を見つけたのでこれを使って何かを」

 という先生のお話で

 以前にも折ったことがあるのですが

 ヒマワリを折ることになりました。

        DSC_1155.jpg

 こんな感じに仕上がりました。

 

 

 

 

 昨年女性部の役員をしているとき

 餅つき大会で大根餅を作るのことになりました。

 大根おろしをつくるのが大変なので、

 我が家のスピードカッターを使ったのですが、

 最近使おうと思ってスイッチを押したらびくともしません。

 

 

 寿命も来ていたのかもしれませんが、

 「他人の機械なので気にしないで連続使用してしまった結果

 モーターを焼ききってしまったのでは」なんて

 情けないことを考えてしまいました。

 

 しかしひき肉を自分で挽いたりする私にとって

 必要な道具です。

 

 

 

 ヨ〇〇シ〇メラに出かけました。

 よく相談に乗ってくれると宣伝しているので、

 そこにいた若い女の子に

 「スピードカッターが欲しいのですが」と声をかけたところ

 どんなものかわからず、他の人に聞きに行きました。

 その人たちもよくわからず

 それについて説明したところ

 「あ~~フードプロセッサーですね」

 「あっそうだ。今はそう言うんだった」って心の中で思いました。

 それにしてもスピードカッターが通じないとは。

 私も年を取ったのかな。

 (でも家に帰って前の説明所を見たら
                  スピードカッターって書いてありましたがね)

 古い呼び方ぐらい知っていてもよいのに。

 その子に売り場につれて行ってもらい

 以前と同じようなものを欲しいと説明してもわかりません。

 なんだか真剣味が見られません。

 あきらめて1人で探すことにしました。


 そこに商品を抱えて移動中の女の子が来たので

 ダメもとで声をかけてみました。

 彼女は大柄で

 見た目もさっきの子よりだいぶ見劣りしますが
 (そういう子のほうが往々にして気立てが良いですね)

  とても真剣に探してくれ

 ついに同じ機能のものを見つけてくれました。

      

    DSC_1326.jpg

 これがおろし機能の部分

 

    DSC_1340.jpg

 これがひき肉などみじん切り機能の部分です。

 

 別れ際にお買い物の節はご相談くださいと言って

 名刺をくれました。

 肩書がコンシェルジュとなっていました。

 専門の人だったのですね。やはり違います。

 

 今、美味しく炊ける電気釜を欲しいと思っているので

 買いに行くときは、この子にお願いしようかしら。

 

 

 

 

 

  近所の農家に予約していた「はま梨」の幸水が届きました。

  以前お願いしていた農家が生産をやめてしまいましたが

  運よくもう一軒近くでお願いすることができたのです。

  昔から気にせず食べていたのですが

  最近、生産をやめる農家が増えて、結構貴重品になっていて、

  発売所に出てもなかなか手に入らないという事を知りました。

  大玉(マッチと比べるとこの大きさ)で

  甘くてちょっとお高いようですが

  大切にいただかなくては。

    DSC_1351.jpg


折り紙&デリバリー寿司について [折り紙 & 雑文]

 
 最近の折り紙教室は、

 小物を折ることが多くなっています。

   DSC_1128.jpg

         DSC_1146.jpg

 

 

 

 

 最近昔ながらの出前をしてくれる

  お寿司屋さんやウナギ屋さんが次々に廃業してゆき

 家の周りに1軒もなくなってしまいました。

 回転寿司は何軒もできているのですが

 連れ合いは外食が嫌いなのでどうしたものかと思案していたところ

 宅配寿司屋さんのビラがポストに入っているのを見つけました。

 

 そのカタログの中にちょっと高めですが うな重 のメニューを見つけ

 思い切って注文しました

       2016-05-27 19.02.12.jpg

 写真はあまり美味しそうに撮れなかったのですが、

 想像以上に美味しかったので

  それに味を占め今度はお寿司を取ってみました。

 

 (今までの出前のお寿司屋さんといっても

 高級店のお寿司のネタと違いごく普通のお店ですので

 それなりのものでした)

 宅配のお店では

 中の種の数が1人前でも6個・7個・9個と種類があり

 またカウンターで握ってもらうのや

 回転寿司と同じように

 自分で好きなものをチョイスして1人前にできるので

 (ネタ6個でちょうどよいので結構値の張るものでも心配なく頼めるし)

 小食の我が家には

 従来のお寿司屋さんよりは使い勝手がよいことに気付き

  今まで敬遠していたことをちょっと後悔しました。

 大量仕入れでコストも安くなるでしょうから

 値段で勝負しても

 個人商店では太刀打ちできないでしょう。

 こんなことから廃業していく理由を垣間見た気がしました。

 

 

 

 

 

 今日のおやつ

      蓬きんつば

    DSC_1098.jpg

  蓬の香りが微かにして餡の甘さも甘すぎづ

 結構私好みのきんつばでした。


6月の食事会 [料理&雑文・お出かけ]


 またまた6月に 高校時代の友人達7人が集まりました。

 最近は出歩くのはしんどいからと

 なるべく歩かないで済む食事会をすることが

 多くなってきています。

 

 場所はあざみ野にあるお豆腐屋さんです。
                鷺沼 の書き違いでした。

 

 お品書きがなく、料理名も定かでないので

  ただ料理を羅列しておきます。

  2016-06-22 11.55.58.jpg

 一度に取り揃えて運ばれてきました。

      2016-06-22 12.06.27.jpg

 お膳に1人前並べられました。

  2016-06-22 12.08.14.jpg

 

  さつま揚げ・はんぺん・油あげが卓上の炭火で焼かれます。

      2016-06-22 12.22.25.jpg

 焼きあがった油揚げはもろみ、ネギ、ミョウガ等を添えて食します。

   2016-06-22 12.26.02.jpg

 

       2016-06-22 13.04.45.jpg 

 

     2016-06-22 13.12.03.jpg

 

   2016-06-22 13.31.04.jpg

 

 

 「くみあげげとうふ」ですが

 以前はもっと大きくて食べきれないのであきらめていましたが

 今回はこぶりのものが出来ていたのでお土産に買って帰りました。

 

   大豆の香りがしてとてもおいしい豆腐です。

        DSC_1086.jpg

 

 

 

 

 先日東京駅の地下の食品街を歩いていて

 何気なくふと目をやると そこには前から興味があり

 1度は食べてみたいなと思っていた

    切腹最中が売られているではありませんか。

    DSC_1097.jpg

 

  この切腹最中は忠臣蔵と深い関係がある最中です。

 播州赤穂藩 藩主浅野内匠頭は殿中で刃傷沙汰を起こし

 田村邸お預けとなりその日のうちに切腹となります。

 

 喧嘩両成敗の原則をも踏みにじったお裁きが

 のちの四十七士による仇討にと発展 それが忠臣蔵です。

 

 

 この切腹最中が作られている新正堂は

 浅野内匠頭が切腹した田村右京太夫屋敷跡にあり

 「この忠臣蔵にまつわる数々の語り草が和菓子を通じて

 皆様の口の端に上がればという思いを込めて、

 最中にたっぷりの餡を込めて切腹させてみました」

 というようないきさつの最中です。

 

 

 この切腹最中が気になったのは

 別に忠臣蔵に思いが強かったというのではなく

 皮からはみ出すほどに餡が詰め込まれたその姿に

 強く心惹かれたのです。

 

 切腹=お詫びの気持ち

 という事でお詫びの時の品としてお使いになる人が多いとか。

 

 パリパリとした皮にさっぱりとした甘さのあふれんばかりの餡

 その真ん中に求肥が入っています。

 上品な甘さなので2個ぐらい平らげてしまいます [わーい(嬉しい顔)]


6月の折り紙&思い出 [折り紙 & 雑文]


   今月の折り紙教室は

 引き出し式の箱2つ

 その中央に入っている手裏剣のような飾りも折ったものです。

 その中に靴3足を折って入れました。

        2016-05-15 09.37.55.jpg

 細かい物ですが

 折り方自体はそれほど難しいものではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 この2~3日の暑さは尋常ではなく

 外を歩いていると頭がくらくらして痛くなってしまいます。

 今日も暑い日になるというので

 外出を控えて、

 家の中の不用品の整理をすることにしました。


 押入れの奥から引っ張り出した箱の中から出てきたものは

  子供の小さい頃の衣類でした。

  DSC_0989.jpg

 昔のことですから、

 今ほど出産前の性別診断する人は少なくて

 性別はわかりません。

 そして母がメリンスで縫ってくれたのがピンクの産着です。

 

 「男の子だったらどうするの」

 「あらほんと。じゃどちらでも着られる黄色も縫っておきましょ」

 と・・・ブルーのは縫ってくれませんでした。

 

 そして生まれたのは男の子でした。

 という事でこのピンクの産着は仕付け糸も外すこともなく

 このようにしわくちゃになって、しまわれてしまいました。

 捨てずに残っていたものが次から次へと出てきました。

 友人からのお下がりのねんねこと負ぶい紐

 何人もの手を経て

 私の所へ来たときはかなりの貫禄が。

 そして、私の所が落ち着き場所になってしまいました。


 ベビー服も残っていました。

   DSC_1001.jpg  DSC_1023.jpg

  その他、比較的きれいなままのものが残されていて

   DSC_1022.jpg DSC_1033.jpg 

   DSC_1014.jpg DSC_0998.jpg

 自分で編んだセーターは捨てきれなかったのでしょう。

   DSC_1013.jpg

    こんなちゃんちゃんこもありました。

         DSC_0994.jpg

 今では目も悪くなり肩こりもひどいので

 かぎ針など持つこともなくなりましたが

 こんなケープもてかつては編んでいたのだと。

 今では考えられないことです。

 これも捨てきれずにいたのですね。

 1枚1枚眺めながら当時を思い出していたら

 片付け処分などという事が出来なくなり

 また箱にしまってしまいました。


 その息子ももう40歳近くなって、

 昔々の思い出となっておりますが。

 

 

 

 

 

 

 コンビニのレジのすぐ隣に甘いものが並べてあります。

 会計している間につい目が行ってしまいます。

 甘いものに目がないのでつい買ってしまいました。

    DSC_1093.jpg

 

 コンビニに置いてあるものですから

 それほど味に期待もしていませんでした。

 塩豆大福はちょっと甘めが濃い気もしますが、

 がわのお餅の部分はまあまあです。

 羊羹は小笹や虎屋というわけにはいきませんが

 それだけ食べている分には

 私の味覚ではそれほど味落ちを感じません。

 裏をひっくり返しメーカーを見ましたら

 昔から成田山のおみやげとして使われていた

 米谷の羊羹でした。

 

 虎屋の一口羊羹は1本250円なのでなかなか食べられません。

 米谷のミニ羊羹は少し小さめですが78円だったので

 とてもお手軽です。

 これからコンビニに行ったらこれを買いこむことにしました。

 ちょっと甘いものが食べたいときには最適です。

 いいもの見~つけた うきうきです [わーい(嬉しい顔)]


いつもの所での食事会 [お出かけ&雑文]


 いつもの高校時代の友人達との食事会。

 いつ集まれなくなるかもしれないからと

 ここの所、毎月あっているので、

 友人の1人は別のグループの友人から

 「よくそんなに話すことがあるわね」って言われたと笑っていました。

 「でも話すことはいくらでもあるのよね~」と皆でうなずき合いました。

 

  以前は旅行することもありましたし、

 日帰りでもかなり遠出することもありましたが

 現在は、本人の健康はもちろんのこと、

 いつ伴侶の介護に入るかもしれない年齢ですので

 だいたい食事会になってしまいます。

 

  いつものホテルのレストランで。

  2016-05-25 11.42.10.jpg

     2016-05-25 12.04.52 HDR-2.jpg

    

          2016-05-25 12.05.20 c.jpg

   2016-05-25 12.14.38.jpg

   2016-05-25 12.50.45.jpg

 

 7月8月は暑いのでお休みしましょうという事で

 次に会うのは9月となりました。

 

 

 

 

  いままであまり見かけなかった八重のドクダミを、

 旅先の民家の無人の軒先で

 一株100円で無造作に置かれているのを見つけ

 喜々として買ってきました。

     2016-05-23 10.17.27 a.jpg

 1年目はうまく育たなくて花は咲かず

 今年3年目にしてやっと咲きました。

 でも何人かの方がブログにのせていらしって

 そんなに珍しいものではないことを知りました。

 

 

 

 今回の甘いものは

 生協の宅配の中で見つけたベビー母恵夢それもレモン味です。

 若い頃に食べていた普通の母恵夢が懐かしく

 つい買ってしまいましたが、

 形は小さいしレモン味だし・・・

 やはり昔からの母恵夢が食べた~い!

    DSC_1072.jpg


折り紙 さつき [趣味・折り紙]


 先日、コミュニティーの折り紙教室で習ってきた変わり鶴です。

 材料は茶色の折り紙に目の粗い裂を張り付けたものです。

 土台の部分は裏の茶色の部分が出ています。

 ひっくり返すのが不器用な私には一苦労でした。

 ごわごわして非常に折りにくいものでした。

 

    DSC_0777.jpg

 小物入れになっているので小さな布花を挿してみました。

 

 

 

 

 父が生前大事に育てていたさつき、50本近くあったのですが

 枯らさないようにと、水やりだけは続けていましたが

 30年近く経つ間、1~2回しか植え替えることもなく過ごしてしまい

 結局10本になってしまいました。

 昨年はほとんど花をつけない状態になってしまいましたので

 今年はあきらめていました。

 

 ところが今年はどうしたことか、

 2~3本を残して枝いっぱいに花をつけてくれました。

 

 毎年、今年こそは植え替えなくてはと言いながら

 口だけになってしまう状態でした。

 しかし残っているのが10本ですから、

 今年こそは植え替えなくてはと思っています。

 

      DSC_0968.jpg

      DSC_0973.jpg

      DSC_0867.jpg

 

 

 

 

 

 最寄り駅に隣接するスーパーの店舗はよく入れ替えがあります。

 先日出掛けた時に

 新しい和菓子屋さんが入っているのに気が付きました。

 目新しいのでつい買ってしまいました。

       DSC_0687.jpg


幼友達との食事会 [料理&雑文]


 先日、幼友達と久しぶりに食事をしました。

 結婚して住所を変えましたが

 偶然同じ町に住むことになったので

 たまに会って食事をするのです。

  2016-05-13 11.39.30.jpg

 同い年3人と5歳下の人が一人です。

  昔 我々の後をちょろちょろ追っかけていた子が

 この年になると全く年の差は関係なくなるので不思議です。

 

  2016-05-13 11.52.21.jpg

  2016-05-13 12.02.28.jpg

 むしろ5歳若いという事は我々にとっては羨ましいことでもあります。

  2016-05-13 12.06.55.jpg

  2016-05-13 12.18.54.jpg

 やはり話すことは昔話になってしまいます。

 遊び仲間には、もうひとグループあって

 いつもは仲よく遊んでいるのですが

 ケンカすることもあって、そうすると

 そちらのほうに親が出てきたことなどなど

 親が引っ込んだ後

 「子供のけんかに親が出て~~~」とはやしたりしたことなど

 たわいもない話ですが。

  2016-05-13 12.22.06.jpg

  2016-05-13 12.47.51.jpg


  小さな町の小さなレストラン、お値段もリーズナブルでお味もよし

  デザートのシャーベットがさっぱりとして美味しくて。

  楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 

  

  足を痛めてから、スニーカーばかりはいていたので

  たまには少しは変わったものをと思ましたが

  結局こういう形の靴を買ってしまいました。

   DSC_0680.jpg

  一応材質はヌバックで甲の所にパンチングの模様も入っていて

  スニーカーよりはおしゃれっぽいかと思ったのですが、

  街に履いて出掛けて、上から見てみると

  どう見ても中学生の運動靴のよう。

  (もっとも今の中学生はもっと恰好いいのを履いていますし)

  高いなと思ったけれど張込んで買ったのに

  ちょっとがっかりしてしまいました。

  でもとても履きよいのはせめてもの救いでした。


4月の料理教室はお休み [料理&雑文]

 
 30年来通っている料理教室の先生も御高齢となり

 最近腰を痛めたのをきっかけにあまり体調がよくないので

 3月より少しの間お休みすることにしました。

 

 4月になり、その後の御様子が心配なので

 皆で相談し お見舞いを兼ねて、

 お弁当を買って伺い 一緒に昼食をという事になりました。

 

 途中のデパートでいろいろ探した結果

 お値段は千円ちょいでわれわれ年寄りには丁度よい量の

 美味しそうなお弁当を見つけました。

 

 先輩の方が先生に電話した時

 「だいぶ調子が良いので、デザートぐらいは作りましょうか」

 という話になったので

 甘いものは買わずに行くことにしました。

 

 お弁当は、よくおせち料理のカタログに出ている
 「〇〇の里」のお弁当です。

    DSCN5355.jpg

 

 先生に無理はさせられないので、

 何とか話を弾ませて時間をつぶし

 デザートを作らない方向にもっていきました。

 

 しかし、おすましぐらいはと・・・

 結局お手を煩わせることになってしまったのですが。

 

 お弁当は関西風の薄味で、味にうるさいお料理の先生も

 「こういうお弁当を頂く機会が少ないけれど美味しいわね」

 と喜んでくださいました。

 

 という事で食後のデザートはないと思っていましたが、

 先生が「何もなくってね」とおっしゃりながら

 これを用意してくださいました。

    DSCN5358.jpg

 

 先生も普段は 御主人とのお2人の生活なので、

 皆とにぎやかに話が出来たことを非常に喜んで下さり

 楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 

 

 お料理の先生からいただいたアマリリス

 ほかの方のは皆枯れてしまったという話なのですが

 あまり手入れの良くない我が家の花だけが、どういうわけか

 もう10年以上春になると咲き続けていました。

 

 しかし、ついに昨年の暑さに水枯れさせ

 枯らしてしまいました。

 

 さすがにひどい枯れ方だったので

 今年はもうだめだとあきらめていたのですが

 なんと4月の末になって芽を出しはじめ

 葉っぱより先に蕾が顔を出し

 あれよあれよという間に伸びて

 それに伴い葉も出てきて、

 5月半ばには花開いたのです。

 

 それも昨年より花も大きく、色も濃く、

 おまけに今まで一つの茎から2つしか花が付かなかったのに

 3つもついて次々に花開きました。

 

 さらに驚いたことにもう一つ茎が伸びて蕾を付け

 そこにも花が3つついていました。

 

 私にとっては大変な奇跡でした。

 

     DSC_0950.jpg

      (ちなみにうれしくて初めて多重露光してみました・・・未熟ですが)

 

 あまりに不思議だったので

 アマリリスの育て方をググってみました。

 冬には水やりをストップさせ水切りし、

 寒さに当てるというようなことが書いてありました。

 変に水をやりすぎると枯らすことが多いとも書いてありました。

 

 例年、手入れは良いほうではありませんでしたが、

 水は1年中こまめに与えていました。

 それが昨年は完全に枯れてしまったとあきらめて

 水もやらずにほっぽりぱなしにしていました。

 それが幸いしたのですね。

 

 私のアマリリスだけ枯れずに残っていたのは

 まさに無精をして

 あまりこまめに面倒見なかったからかもしれません。

 

 何が幸いするかわからないものです。

 

 

 

 

 ご近所の友人が台湾旅行のお土産をくださいました。

 パイナップル味でおいしかったです。

     DSC_0815.jpg


いつもの仲間との食事会 [お出かけ&雑文]


 小田急江ノ島駅近く

 閑静な住宅地の古民家を 改装したレストラン

 いつもの高校時代の友人たちとの食事会です。

  2016-04-06 11.12.49.jpg

 玄関先には蹲が

     2016-04-06 11.13.15.jpg

 そして利休梅が可憐に咲いていました。

   DSCN5336.jpg

 

 食事は

 出来立てクリーミー豆腐

  DSCN5315.jpg

 前菜が2種

  前菜.jpg

 ここでパンが出てき

 もう1種の前菜が出てきたのですが撮り忘れて [もうやだ~(悲しい顔)]

 

 パスタは長ネギと 鶏のスパゲティ

  DSCN5325.jpg

 本日のメイン料理
       スズキのロースト

  DSCN5327.jpg

 あとデザートとコーヒー

  DSCN5329.jpg

 

 他に3組のお客さんがいましたが、

 それぞれの会話も全く気にならず

 2時過ぎまでゆっくりと楽しむことが出来ました。

 

 

 まだ時間も早かったので

 そこから江ノ電に乗り長谷駅へ

 久しぶりに長谷寺にお参りし、境内をゆっくり散策

 楽しい1日でした。

 

 境内にこんなかわいらしいお地蔵さまが

     水仙 あ 1_0003.jpg

 

 

 

 

 

 最近テレビなどでもよく宣伝している水素水

 体内で余分にできた活性酸素を減らすことで

 臓器の錆を減らし老化を予防するという。

 

 10年以上前から水素含有量が多いという

 「日田の天領水」なるものを飲んでいたのですが

 開栓後、飲み終わるまで時間がかかっており

 果たして水素が残っているのかいつも疑問に思っていました。

 

 1回飲みきりのパウチの水素水も出ていますが

 2人で飲むとかなり割高になるので躊躇していましたが

 

 今回こんなものを見つけました。

       DSC_0798.jpg

 充電式の携帯水素発生ボトルで、

 1回に350ml できるので(約10分で)

 飲む前にスイッチを入れて水素を発生させ

 2人で分けて飲むとちょうどよい具合です。

 

 壁面に水泡が出来、何かが発生しているのは見えますが

 本当に水素水が出来上がっているのかな

 などと疑いながら飲んでいる昨今です。


醤油工場見学に参加して [お出かけ&雑文]


  先日、醤油工場見学に参加してきました。

 

 野田にあるこのマークでおなじみの工場です。

     DSCN5026.jpg

 

 

  このような順番で醤油は出来上がります。

      水仙 あ_0002.jpg

   水仙 あ_0001.jpg

 

 今まで醤油は、

 単に料理の味を助ける調味料としかとらえていませんでしたが

 それ以外にも強力な殺菌作用があり

 大腸菌や赤痢菌を短時間で死滅させるという事を知りました。

 また、加熱すると破壊されるビタミンB1を保護する働きがあるので

 野菜などの煮物に使うと栄養価も高くなるとのことでした。

 

 

 醤油の保存方法

 ペットボトルであれば開栓しなければ、

 1年半くらいは味が落ちずに使えますが

 栓を開けた場合は1か月位で使い切りたいものです。

 

 栓を開けて日が経つと、

 白いカビが生えることがありますが、

 これは酵母ですので無害ではありますが

 この酵母特有の匂いがしょう油のよい香りを損ねてしまいます。

 

 また開栓によって酸化が進み

 色も黒ずんでいき、味や香りを悪くします。

 

 これらの劣化を防ぐには

 ①使用後は栓をしっかり占める。

 ②量が少なくなったら小さな容器に入れ替えて

  容器内の空気の量を少なくする。

 ③できるだけ冷蔵庫に保存する。

 

 

 しかし最近は、

 なるべく空気に触れないように工夫した小ボトルも出ています。

 「いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」の200mlは

 すでにスーパーに出ていたので使っていたのですが

 今ここにしかないという事で

 「いつでも新鮮 味わい贅沢生醤油」というのを

 売店でお土産に買ってきました。

   DSCN5044.jpg

    

    醤油.jpg

 ついでにこんなものも

    DSCN5075.jpg

 

 いろいろ勉強になった工場見学でした。

 

 

 

 最近食べておいしかった

 米屋の金つば「和楽の里」

 昔から成田山に行ったら

 お土産は「米屋の羊羹」が定番でしたが

 それ以外に金つばもあるんですね。

   IMGP8575.jpg

 

 

    

  花びらの舞い始めた山桜

   水仙 あ 1_0001.jpg


前の10件 | -